夜明けの空

―カウンセリングスクール日記―
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -

木星

 私の木星は牡牛座に入っています。
木星は幸運をつかむために必要な態度を
示してくれます。

最後の一歩の粘りを大切に。
そうすればあなたは幸運を確実に手にすることに
なるでしょう。

牡牛座はじっくりと歩みを進めるのを得意とする星座。
そこに木星を持つあなたは、着実な歩みを経て
豊かな成功、大きな幸運を得ることのできる人です。

「これ以上の努力、追求は無駄かも」と思うときでも
もう少しだけ踏みとどまって。

あなたの努力と幸せの探求には、
決して「無駄」はないのです。

その経験自体、あなたの強さ、美しさを増大させる
力となるのですから

欲しいものを簡単にあきらめてしまえば
他人を羨み、ただ味気ない日々を
繰り返すだけの人生となってしまうでしょう。

      ―鏡リュウジ星のワークブック―

西洋占星術に興味があります。

自分にしかわからない適切な助言を
与えてくれるように思います。

何もかも投げ出してしまいたいときがあっても
この文章を読むと「踏みとどまれる」と
思うのです。
西洋占星術 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

射手座

 射手座のあなたは、何かを求める魂を持っています。

おおらかでのんびり、ゆったりしているように見えながら

本当は心の中で何か焦りを感じて、
生きる意味を必死で求めているのではないでしょうか?

でも、逆説的なのですが、焦れば焦るほど、
あるいは目的にとらわれればとらわれるほど

あなたが探しているものは見つからないかも
しれません。

あなたが求めるその「何か」は、目標ではなく
きっとプロセスなのですから

矢は的に刺さってしまったら、動きを失い
その役割を終えてしまいます。

矢が矢として生き生きと輝くのは
空を切って飛ぶときの姿なのではないでしょうか?

だから目標に「早く」届くことを目的にせず、
自分を磨いていく、その過程そのものを充実させて
いくようにして下さい。

    ―鏡リュウジ「12星座・あなたの運命」NHK出版―

早くそうなりたい「早く、早く」と
ついせっかちに成果を欲してしまいますが

そのプロセス自体が楽しみなのだと
この文章を読むとよくわかります。

矢が生き生きするのは
もちろん飛んでいる最中ですよね。

そう思うと結果だけすぐ欲しいと
思わなくなります。

「そのプロセスのひとつひとつをゆったりと味わう」
ようにすると、今を楽しめると思います。

西洋占星術 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スピリチュアル占星術

 ジャン・スピラーの「スピリチュアル占星術」という本を買いました。

この本は、他の占星術とはちょっとちがっていて

誕生日直前の日蝕と月蝕が
どの星座で起きたかを見ると

その人が現世で学ぶべきテーマがわかると
書かれています。

私は人と比べたり
自分を認めて欲しいという気持ちが強いのですが

それはどうしてなのかなぁと思っていました。
否定的に思っていました。

この本の私の月蝕の星座を見て
その理由がわかりました。

それには、こうありました。
(抜き書きですが)

「あなたが今生で学ぶべきテーマは
社会的評価を勝ち取ることの大切さです。

(そのため)あなたも無意識に
人々の評価の意見を求めようとするのです。

あなたが今生で学ぶべきレッスンは、
社会で良好な評価を得ることの意義を
体得することですから

あなたの魂は、あなたが人生のあらゆる面で
他人の評価にさらされる
という運命を選択しているのです。

あなたにとって、社会に承認してもらうことや
社会に生きること、生かされることを学ぶ経験は
非常に大きな価値を持ちます」

これらの文章を読んで

私の認めて欲しいという気持ちはいけないことではなく
いいことなんだと気がつきました。

認めて欲しいと思って日々をすごすことが
今生のレッスンに必要なことだったのです。

そしてこうありました。

「あなたのほしいのは成功の他に
人々の承認、尊敬のまなざし
そして社会の役に立つ自分自身です。

これを明確に自覚するとあなたは
社会に必要な人物としてしっかりと根を下ろし
安定した地位を築くでしょう。

あなたはゴールを目指す過程で
自らの人格を研鑽していくことを学ぶでしょう。」

頑張ります。


西洋占星術 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ホロスコープ

 ホロスコープは、人間の人生そのものを表すものではありません。

これはあくまでも、天体の力がある特定の場、特定の時間に、
集中してきた天体エネルギー図です。

人間は、基本的にこれとは別個の
独自のルールで生きようとしている生物です。
(中略)

社会のルールは、こうした天体の動きに「従わない」目的で
作られてる面があります。
(中略)

私たちが社会生活をちゃんとこなすには
まずはいったん天体のサイクルから自分の生き方を
切り離す必要があります。
(中略)

大学に受かるかどうかは勉強次第だし
会社には必ず決められた時間に行かなければなりません。

社会的なところでできあがる個人の能力は
社会的な規律の中で発達させなくてはならず

それはとりあえずは宇宙的なりずむとか天体の連動とは
何のかかわりもない事柄なのです。
(中略)

人間の感情などの動きは、占星術のホロスコープに出ているような
影響にかなり細かく影響を受けますが、

社会的な人格は、それとは微妙にずれたルールで生きています。

しかし現実のところは社会的人格が優位で、本質は裏にあるというのが

社会に生きる人の常識になっています。

この主客が逆転すると、人間的には元気でも
社会的にはみ出した人と見られてしまうことになります。

つまり、ホロスコープに完全に従った生き方をする人は
アナーキストになってしまうということでもあります。
(中略)

社会的な人格と本質的な人格の2つをうまく使い分けましょう。

つまり、社会的な人格面を全面的に信頼してはいけないし
同様に占星術に盲従してもいけません。

両方の両立を目指すということが大切です。

   ―松村 潔「完全マスター西洋占星術」説話社―

西洋占星術に惹かれます。

西洋占星術で有名な松村潔さんですが

こんなに西洋占星術にかかわっている人なのに
こんな文章を書かれていることに新鮮さを覚えました。

私は占いが好きで

その結果で一喜一憂したり
夢をもったり、背中を押してもらったりしますが

結局、占いというのは盲従するものではなく

その時の自分がわかるための一つの手段として
上手に利用するものなんだと

この本を読んで確認しました。

自分がどうしたいのか
模索していくのを楽しむということでしょうね
西洋占星術 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

心が空を飛ぶ

 組織でハードワークを重ねていたとしても

射手座は心が空を飛んでいれば
それで生きることができる

  ―Saya「12星座のノート」マーブルトロン―

仕事上での宿題があるにもかかわらず

本を読んでみたり
トールペイントしていたり
瞑想してみたり

現実逃避しているのかなぁと
思っていました。

この文章を読んで
その現実逃避は必要なんだと思いました。

ハードワーク自体ではなく
自分ではどうにもならない問題もあります。

毎日、仕事に行くために
息抜きがいるよね、と自分を肯定しています。








西洋占星術 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

星占い

 ミスティック・ラボ占星術研究所の久我先生に
西洋占星術を受けてきました。

久我先生は、西洋占星術の先生はこんな感じ
というイメージどおりの人でした。

髪が長くてちょっと豪快に話す方です。

内容は、自分の予想をちょっと超えていました。



「リーダーになれる」と言われました。

いや、なりたくないし・・
研修も断って受けてないってば・・

けれども占い的には
管理統括する立場に向いているとか。

だんだんと消極的になろうとしている私に
喝を入れてもらった感じ。

楽なほうに逃げることは
実は楽ではないのかもと思いました。

「爪を隠している」と表現されました

「人に言われたままするなんて
 全然TOMOさんらしくない」と。

そして「直感を生かしたほうがいい」と言われました。
今、「イマジネーションを発散したほうがいい」と。

エネルギーを放出した方が良いらしい

「今世、本当に願ったことはかなう」と言われ

以前、「プレゼントが届きました」と言われたのを
思い出しました。

「本当の願い」は今は思いつかないのですが
この過程を楽しみたいと思います。










西洋占星術 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -