夜明けの空

―カウンセリングスクール日記―
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -

リコネクティブ・ヒーリングとの出会いについて

 きっかけは、2009.8.23.
広島空港のエアポートホテル

「色で元気になる」というカラーセラピーの
ランチ付きの会に参加したことでした。

その日、偶然休みだった私は
一人でその会に参加しました。

ここで、ピンクはやさしい愛情にあふれた色とか、
緑は癒し、安心する色とかの話を聞きました。

赤や緑のきれいな色水が四角い瓶に入っているのを
皆がまわしてもらい香りをかぎました。

あの瓶がほしいな、と思っていました。

8.16.ウッドハウスコッドで以前から欲しかった
パイン材のテーブルを注文してました。

そのテーブルが届いた後、ちょっと気になるところがあり
もう一度ウッドハウスコッドに持って行ったのです。

すると、店の前にオーラソーマと書いてある
四角い瓶の載ったの看板があるのを見ました。

色のきれいな四角い瓶が売ってあるのか
と思いました。

四角い瓶の看板を見て、
ここで売っているのかと尋ねると

ここでしているので、予約を取りましょうと返事がありました。

それではじめてオーラソーマというのは

瓶を売っているのではなく
コンサルテーションを受けることだとわかりました。

でも、予約してくださるというので受けてみることにしました。

10.14.オーラソーマのコンサルテーションを受けました。

私が選んだのはB99・B74・B65・B98でやわらかい色の
コンビが多いボトルです。


オーラソーマは色を使ったカウンセリングという感じです。

家族や職場の人に言えないようなことを楽に話が出来ました。

もともと私は悩みがあったわけでもなく、
瓶が欲しいと思って申し込んだようなものでしたが

話をするうちに、自分の中に押し殺していた感情があったのに
気がつきました。

自分では、それはもう乗り越えたと思っていたことでした。

初めて会った人に、今までずっと言ったことのない話が出来るとは
思いませんでした。

私は、昔の感情を思い出し、帰りの車で泣きました。

B74は「勝利」という名前のボトルですが
何かトラウマのある人が選ぶことの多いボトルだそうです。

そこで話を聞いてもらって帰る時、
そのコンサルテーションをして下さった方がおっしゃいました。

「ヒーリングを受けられたらいいですよ。
エリック・パールを知っていますか?」 と。

私は知らないと言いました。
初めて聞いた言葉でした。

すると、「リコネクション」という本があると教えてくれました。




スピリチュアル | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

リコネクティブ・ヒーリング体験 ―3回目

 3回目のリコネクティブ・ヒーリングは特別なものになることが多い
と本には書いてあります。

3回目は体の感じはなく
青紫のような色、下に黒い影
上に光、水色

まるで、キャンプ場の「夜明けの空」のイメージ
が、目の前に浮かびました。

終わりに、胸の前の方に一瞬ひきこまれた感じがしました。

胸の前にあった楕円のものにひきこまれた感じがした
と敬子さんに言うと

「胸のチャクラが開いたんですね」といわれました。

敬子さんに、「待つことは愛です」と女神のような声がした。

「彼女はもう大丈夫」と男の人のような声がした。

そして、「プレゼントの箱が来ました」
「赤いリボンがきっちり結んでありました」

と、言われました。

待つことが愛なら、私は愛を学ぶためにこの世にきた。

待つことを学ぶために、この両親を選んだと
わかりました。

そこまでしなくても・・
わかるかもしれないじゃん。と思いました。

泣きました。
帰りの車でずっと泣きました。

私は頑固なので
きっとそこまでしないとわからなかったでしょう。

コナンではないけれど
「なぞはすべて解けた」という気がしました。

ああ、わかりました。
充分、わかりました。

この世は修行だという言葉は、
何回か聞いたことがあります。

本でも読んだことがあります。

何度読んでも、その時はそうかと思っても
何日かするうちに忘れてしまいます。

けれども3回目のセッション後
私は、この世界の意味がわかりました。

「何かを学ぶためにこの世にきた」と実感しました。

苦しい時期があったからこそ
今の私があると思いました。

今までは、「〇〇のせいで」と思っていました。
いまは「〇〇のおかげで」と思っています。

考えは180度変わりました。

父はせっかちな人でした。
私もそうです。二人して勉強しにきたんですね。

父はずっと待ってくれているでしょう。
私は、100点満点の解答を持って父に会えると思います。

私は今度は人を待ってあげることができると思いました。
父のことを思ったら、ずーっと待ってあげられます。

これからは、それを実践することなんだなと思います。

「待つことは愛」なので
愛をもらい、愛をあげられるのです。

プレゼントは多分100点満点のごほうびなのだと
思います。

その後、私はリコネクションセミナーに参加しました。

プレゼントは、確かに届きました。

スピリチュアル | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

オラクルカード

 初めてリコネクティブヒーリングを受けた日
ろーく のKAORIさんに、オラクルカードをしてもらいました。

オラクルカードは天使のカードやユニコーンのカード
フェアリーのカードなどいろいろあるそうですが
タロットカードと違って、否定的なカードはないそうです。

カードを引く前に目をつむって椅子に座りました。

KAORIさんは‘ヒヨコが草を植えている`イメージと言われ
紫のスプレーをしてくれました。

そして、カードを選んだのですが、

出たカードで、過去にオレンジ色がひっぱっている。

現在は地に足がついていない、頭でっかちになっている。
と言われました。

未来で出たのは、海のカードとワーク・セミナーのカード
でした。

正直、自分がセミナーを受ける気持ちはありませんでした。

3月の忙しい時期に4日も休みをとらないと行けません。
とても無理だと思っていました。

けれどもセミナーのカードが出たことで
そのカードに背中を押されて決心しました

4ヶ月後、私はリコネクションレベル記兇
セミナーを受けに行きました。
スピリチュアル | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

リコネクション体験

 2010.3.27
リコネクションセミナーレベル機Ν兇硫饐譴
島岬汐入及(しまさきみつぐ)さんに
リコネクションを受けました。

1日目、頭の中がゴムまりでいっぱいの感じ
ぐわんぐわんする感じ

川が流れる感じが一瞬して
足元で何かがが流れる感じ

2日目青い色が浮かんでは消え
頭の1/3がぐるぐるする感じ
波動が心臓の上から来る感じ
胃の下にあるものが出てくる
胃の方にあった紙束の綴じ紐がとれた感じ

江戸時代の水路を斜め上から見た夢を見た。
きれいな水が流れていたのが印象的
男で働いていたイメージ
城の石垣が見えた。

セッションが終わって
考えました。

私は小さい頃から時代劇が好きでしたが
時代劇のお堀の水は濁っていますが
夢で見た水はきれいでした。

見たことがあるのかなぁと思いました。

それから約一週間
頭の中がぐらんぐらんするような
軽いめまいのような感じがありました。

メールで質問すると
あることなのでおさまってくる
ということでした。

今はめまいのような感じはないのですが

リコネクション後から、意識すると時々
頭の中にキーンと高いところに行った時のような音(?)を感じます。

この江戸時代の夢は
ヒプノセラピーで前世とわかりました。

不思議ですね。
スピリチュアル | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ヒプノセラピー体験

2010.5.26
 Plain Factの松田みゆきさんに
ヒプノセラピーを受けました。

誘導で催眠に入り、ハイヤーセルフさんに連れられて
3歳の子供のころに行きました。

庭の白い花の木のそばに立っています。
「いい子にしているから喧嘩しないで」と思っているというと

両親の喧嘩はあなたのせいではないでしょう。

3歳の子がもうこの質を持っているので
もっと昔に行きましょうと再度誘導されました。

見えてきたのは
牢屋に入っているひげもじゃの40代の男性でした。

座って後ろ手に縛られて
膝の上に石を置かれています。

なぜそこに入っているのかと聞くと
「キリスト教を信じていたから」と言います。

そして、「出してもらった」ようです。

大工だったようなイメージ
川の上に橋がかかっているイメージ

キリスト教を信じたきっかけは
「牧師さんに会った」
「偶然」

「もう感じない。考えない」と思っています。
「自分は怠け者なんだ」というイメージが出てきます。

結局そのままのたれ死にしたようです。

その人生で学ぶべきポジティブな面は

意地をはる必要はなく、素直に生きればいいこと。
人生は何度でもやり直せる。

ということでした。

床にすわり、下を向いてあぐらをかいているその人を説得し
空に帰ってもらいました。

空いた空間を金色の光で満たしました。

過去生というと中世のお姫様の
イメージを持っていたので

自分の想像を超える内容でした。

私は、それまで休日に休んでいる時も
「自分は怠け者なんだ」という感じを持っていました。

くたびれて休んでいるのに

「自分はだめだ。
怠け者だ」

という気持ちが消えなかったのです。

ヒプノセラピーを受けてから
怠け者だという気持ちは一切なくなりました。

休みの日に、休むのは当然です。



スピリチュアル | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

アロマのレインドロップ

 ろーくで、オリーブゆみさんのアロママッサージを受けてきました。

一番最初にお水をいただきました。
ブルーソーラーウォーター。


そのエッセンシャルオイルは、飲んでもいいそうで
レモンとグレープフルーツのうち、グレープフルーツを1滴いれて飲みました。

香りがあると、グレープフルーツのジュースっぽい感じの水になります。

まず、アロマのオイルを選びます。

「直観の左手」で5個選びました。


そうしたら、その説明があります。

1番目に選んだパロサントという精油は
あまり選ぶ人がいないそうで

職業は看護師だと言うと

「看護師さんも多いですよ。
いろいろもらってかえる人もいますしね。」と

それで楽になるのならもらってあげてもいいと思っているというと
「だから、パロサントなんだ」と言われました。

バロサントは後で調べると殺虫剤のような薬効でした。

抗菌作用のあるものやホルモンのバランスをとる
エッセンシャルオイルを選んでいたそうです。

そのオイルを入れてそく足浴をしてもらいます。

それから、ガウンを後ろ前に着て横になります。

はじめは足裏のマッサージ。

頑張りすぎていませんか?
自分を大事にした方がいいですね、と

また、どこかで聞いた言葉

私は右の足がむくんでいるそうです。

たまに右ひざが痛んだり、
曲げたとき右足の方が硬いので納得です。

背中にオイルをポトポトと
まるで雨だれのように滴るよう落とし
マッサージがはじまります。

アロマテラピーではオイルは希釈するように習ったので
何かで希釈してあるオイルなのかなぁと思いました。

腰のあたりが凝っていたのがわかりました。

背中にホットパックをしてもらい
いい香りが広がります。

オーラソーマの色のライトを当ててもらって気持ちがいい〜

ちょっとうとうとしました。

仰向けで調整してもらい終了です。

右の肩と額の方に光の反応があったそうです。
意味はよくわからないけど
重たいものではなく何か伝えたい感じだったと?

受けた感じは、アロマのボディマッサージとちょっこっと整体って感じ
後味すっきり


       <今日咲いた朝顔の3番花>

時々「世界の船旅」というBSの番組を見ます。

その中で背中のマッサージを受けている人の場面を見たことがあり
セレブな感じ満載

船酔いするので船旅はできないけど
こんな雰囲気をあじわいたいなと思っていました。

船旅気分でマッサージを受けられて
ちょっぴり夢が叶いました。

右肩と額のあたりに光の反応が多かったそうです。
不思議なかんじ

帰りは背中がいい香り
おかげで車内もいい香り

アロマオイルの香りってステキ
ゆったり秋の一日でした。



スピリチュアル | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

オーラソーマ

あゆさんに
オーラソーマコンサルテーションを受けてきました。

七つはさんプロデュース、エンジェル・ゲートで
さとみさんと歓子さんのセッションもありました。

正直、オーラソーマはもう何回も受けたし
もうしなくていいかなと思ってたのですが

実際にボトルをみるとちょっとわくわくしました。

ボトルを選ぶときに
気になったボトルを選ぶのですが

今まで選んだことのないボトルでした。


今回選んだボトルはB30、B58、B109、B107のボトル

あと、B24とB6のボトルも生年月日から出してもらいました。

今回の魂のボトルはB30
「地上に天国をもたらす」

ボトルの解説をそれぞれしてもらい

「エゴからきていないですね」といわれたのが
うれしかったのと

心に残ったのは、
現在のボトル、B109でした。

オリーブ・グリーンとマジェンダ   

漬物(ピクルス?)とワインの色

どちらも熟成させておいしくなる  

B58は時間も意味する

時間をかけることが必要なんだなと思いました。

今年仕事上でのグループにはいり
今、ものすごく自分の時間をつかっています。

先週の土日もそれにつきっきりでしたし、
この連休もほとんどそれに費やしています。

どうしたらいいんだろうという迷いもあり
試行錯誤しているような状態で

休みも仕事をしているような感じがありました。

でも、「時間をかける」とか「継続させる」という
キーワードを聞いて

それらは必要な時間なんだと思いました。

B6は、真っ赤なボトルでした。

そのためのエネルギーもある、と受け取りました。

未来のボトルであるB107は、死と再生、無限の可能性と
それを共有するという意味が含まれています。

今、キューブラ・ロスさんの本を読んでいます。

この人は

「根本においては、人と自分、遠いことと近いこと
あちらとこちらの差はない。

私たちがひとの苦難や死を自分のものとして
学ぶことさえできたら

その苦難や死は当事者だけでなく
私たちにとっても

またとないチャンスとなる」と語っています。

この人のいっている
「象徴言語」が使えるようになり

「家族や患者が自分のやり残した仕事は
何なのかを探し当てる手助け」

が、できるようになりたい。

それを目指して頑張ります。




スピリチュアル | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

ヒプノセラピー:退行療法

広島の 「アルベキヨウ」で吉永めぐみさんに
ヒプノセラピーを受けてきました。

先月の星占いで言われた

「お金のブロック」を
はずしてもらおうと思って。

私は普段はとても節約しているのですが
使う時にはタガがはずれたように使ってしまいます

そして使った後には罪悪感が残っています。

例えば、旅行に行く途中に
まだ行く車の中なのに

この旅行に行かなかったら
これだけお金が貯められたのに・・って思ってしまい

せっかくの旅行なのに

楽しむ気持ちの前に後悔する気持ちが強くなり
喜びが半減するようなところがありました。

最初にカウンセリングを受けて

「絶対に経済的な苦労はしたくない」と思った過去に
催眠誘導してもらいました。

その時のリアルな感情を思い出し
涙が出ました

親に言いたかったことがたくさんありました
それを言い、親の意見を聞きました。

幼い私に、今の私から助言しました。

しっかり泣いていいよ
自分ひとりで抱えこまなくていいんだよ

頑張ったね

お金を貯めようと思わなくていいんだよ
自由にしていいんだよ

今はつらいかもしれないけど
将来幸せになるから心配しなくていいよ

そうしたら

幼い私からプレゼントがありました

手のひらにもらったのは
真っ赤なもみじの葉っぱでした

「今の幸せに気づいて下さい」
というメッセージとともに。

今、我が家のもみじが綺麗です。



お昼のランチでぜんざいを食べました。
ぜんざいのやさしい甘さが胸にしみました。

カウンセリングに行く少し薄暗い道の途中で
ちょうど私の前に

かわいい3才と5才くらいの女の子
とその父親が歩いていました。

その会話を耳にしました

(娘)球根を植えた
(父)何で掘った?スコップ?
(娘)コップで掘った・・・

まるで昔の父と私と妹のよう

今日ヒプノで思い出したのは

あのくらいの頃かなぁって
悲しいような暖かいような懐かしいような気持ちになり

偶然とはいえ

神様から
プレゼントもらったなぁって思いました。










スピリチュアル | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | -