夜明けの空

―カウンセリングスクール日記―
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 組織の力 | main | クリスタルカード・リーディング  >>

<きもち>を話そう

 自分の<きもち>をうまく話すためには
相手に対して「あなたは・・・」ではじめちゃいけない
(中略)

待ち合わせの時間に遅れてやってきた友達に
「20分も待たせるなんて、あんたバカじゃないの」
なんて言っちゃだめ。そんなふうに言われたら
だれだって、素直に「ごめんね」って言えなくなる。

「20分も待たされて、わたしイライラしちゃったわ」
って、あなたが言ったらどうだろう。友達はきっと
「ごめんね」って言ってくれる。

腹のたつことや、悲しいことがあったとき
がまんすることはない。あなたは自分がどんなふうに
感じているかってことを素直に話していいんだ。

でも忘れないでね。自分の<きもち>を話すという
ことは、相手を責めることや、傷つけることとは
違うんだよ。

            ―パット・パルマー「自分を好きになる本」径書房

アサ―ティブ・トレーニングの中から生まれた本だそうです。
相手を傷つけることなく自分を主張するという
アサ―ティブという言葉をよく聞きます。
いいことだと思います。
実践には、ちょっとした練習がいるような気がします。
慣れるまでは、予想される状況をシュミレーションして
言葉を考えておくのです。
生き方のはなし | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tomotomo-z.jugem.jp/trackback/10
この記事に対するトラックバック