夜明けの空

―カウンセリングスクール日記―
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ユング心理学の世界 | main | 焼肉のたれ >>

秋の陶芸作家展

 三原の仏通寺の境内の近くの駐車場前にある茶店
掬水(きくすい)というお店で

今日から「秋の陶芸作家展」が始まりました。
(多分5日間位の開催)



初日に行くのが楽しみで5〜6年前から行っています。

きっかけは、仏通寺に行った帰りに
コーヒーを飲んだのですが

そのコーヒーカップがとても素敵な
和風のカップだったのが印象的で

どこで売っているのかお聞きすると
お店で注文された作家さんのものだとのこと。

  <このコーヒーカップでした。福富の桜川玲子さんのカップ>

そのお店からの招待状が毎年くるようになり
毎年、好きな品を1個ずつ買っています。

 <お気に入り、渡辺均矢さんのペアカップ>

300円でお抹茶と手作りの和菓子が出ます。

銀杏で作った羊羹と手作りのおまんじゅう
お抹茶のうつわも素敵!!

お店の雰囲気も良くて行くのがたのしみです。

花器や皿などもあり
登り窯のお話なども説明してもらい
つい欲しくなります。

陶器のお好きな目ききの方買い付けで
そのフィルターがかかっているので
質の良い器がそろっています。

お抹茶をいただくだけでもどうぞ。
お花もとてもきれいに生けてあります。


仏通寺も私にはパワースポットで
何か「気がいい」感じがします。

本当は、あんまり人に教えたくないくらい
おススメです。


- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tomotomo-z.jugem.jp/trackback/203
この記事に対するトラックバック