夜明けの空

―カウンセリングスクール日記―
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< 子供の豊かな成育を願う講演会―その3 | main | 亡き妻に寄せる心 >>

子供の豊かな生育を願う講演会―その4

 「あなたの家庭には、家族のだんらんがありますか?」

子供が望む食事を用意する
子供が喜んで食べる姿を見て、作ってあげたほうも喜びを感じる

家庭の中の人間関係

ハリー・タックマン
「人間は人間関係の中で自分の生きる価値を知る」

心を病んでいる人
人間関係の障害をもっている。

エリック・エリクソン
「人間関係は一方に与えるものと他方が一方に与えるもの
内容は違っても同じものを与えている」

相手に喜びを与えることに自分が喜びを感じる
相手が悲しみを感じることに自分も悲しみを感じる

子供は相手と喜びを分かち合うことに喜びを感じる
喜びを分かち合うことにより、後から悲しみを分かち合う感情が生まれる。

日本はいじめが世界で一番多い
友達と喜びを分かち合う人じゃないんですよ。

子供たちが立ち話をしている。
「明日は誰をいじめようか」相談している。

こんな子供たちに誰がしたのか?

先生じゃないですよ。
親ですよ。

先生の責任と言っている社会では、解決しませんよ。

我が子に喜びを与えることが私の喜びです。

子供が作ったおやつを食べるニコニコした顔を見てうれしい。

「お母さんが赤ちゃんと一緒にいることを幸福に感じることができたら
その赤ちゃんも幸福を感じることができる」

生徒から学ぶことができる教師が本当の教育ができる

患者から与えられることに感謝できる治療者だけが
患者から感謝されることができる。

私は妻に喜びを与えることが私の喜びです。

一つ一つの人間関係をゆっくり丁寧に!

以上のようなお話でした。

自身の白血病を言われ、それをおして講演されたことに感謝します。
私たち親に対する熱意を感じました。


子育ての秘訣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tomotomo-z.jugem.jp/trackback/231
この記事に対するトラックバック