夜明けの空

―カウンセリングスクール日記―
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< 終了式 | main | 誤嚥性肺炎 >>

この一年を振り返って

 2年前、私はリコネクティブヒーリングでとても楽になったので
それが出来る人になってお返しがしたいと思っていました。

そしてそれを習いました。

その前に受けたオーラソーマがよかったので
今度はオーラソーマをする人になろうと思いました。

それはカウンセリングの一種だと思ったので
それをするならカウンセリングの知識もいるだろうと思って

たまたま新聞に出ていた広島カウンセリングスクールを
受講することにしました。

その後、震災があり、被災地に1週間行くかもしれない
という話もあり
それならば、なおさら知識がいると思いました。

もともと、仕事以外の趣味を見つけるのが私の楽しみで
ある意味、仕事から逃れたい気持ちがあったと思います。

不思議な縁で、まわりまわって仕事で一番使える知識を
習わせていただいてます。

鑪先生は最初の講義で「腹で聞くように」と言われましたが
この一年でその意味がわかってきた気がします。



私は、小さい頃「どんくさい」と言われていたくらい
のんびりと口下手なほうで

ウィットに富んだ会話やユーモアあふれるしゃべりとかに
すごく憧れていました。

それでそんな風にしようと人に話しかけたりすると
よけい緊張してうまくいかず
穴があったら入りたい気持ちになり落ち込んでました。

けれども、一年たつ中で

落ち込んだことがあるから、落ち込んだ人の気持ちがわかる
傷ついたことがあるから傷ついた人の気持ちがわかる

くよくよ考えるから、くよくよ考える人の気持ちがわかる

人には言えないと思っているから人に言えないと思っていた話を
聞いてもらった時の喜びがわかる

と思えるようになってきました。

今はてきぱきこうなりたいという理想の自分が薄まって
自分で自分の良さが少しわかるようになってきました.

ああくよくよ落ち込む自分でよかった。
いちいち先回りして心配する自分でよかった。

何事も完璧主義の自分でよかった。

なんかカウンセリングのお仲間の中で演習などを聞くうちに
それでいいと言ってもらった感じがあります。

いろいろな人がいて
その人その人の話があって

それを認め合う雰囲気がとても好きでした。

今は、リコネやオーラソーマよりも
自分の仕事が自分に一番合っているし楽しい
と再確認し、地に足がついています。

ここで終わってしまうのは残念なので
あと3年頑張ります。

この一年学んだことは

無条件の自己肯定感が増したことと
他人を批判する気持ちが薄まったことです。

これが「腹でわかる」ことの一部かなぁと思います。

そして、エネルギーが落ち込む方向に向かないせいか
元気です。

良いことばかりの一年でした。




- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tomotomo-z.jugem.jp/trackback/255
この記事に対するトラックバック