夜明けの空

―カウンセリングスクール日記―
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< 親鸞 | main | 平清盛展 >>

オーラソーマ

あゆさんに
オーラソーマコンサルテーションを受けてきました。

七つはさんプロデュース、エンジェル・ゲートで
さとみさんと歓子さんのセッションもありました。

正直、オーラソーマはもう何回も受けたし
もうしなくていいかなと思ってたのですが

実際にボトルをみるとちょっとわくわくしました。

ボトルを選ぶときに
気になったボトルを選ぶのですが

今まで選んだことのないボトルでした。


今回選んだボトルはB30、B58、B109、B107のボトル

あと、B24とB6のボトルも生年月日から出してもらいました。

今回の魂のボトルはB30
「地上に天国をもたらす」

ボトルの解説をそれぞれしてもらい

「エゴからきていないですね」といわれたのが
うれしかったのと

心に残ったのは、
現在のボトル、B109でした。

オリーブ・グリーンとマジェンダ   

漬物(ピクルス?)とワインの色

どちらも熟成させておいしくなる  

B58は時間も意味する

時間をかけることが必要なんだなと思いました。

今年仕事上でのグループにはいり
今、ものすごく自分の時間をつかっています。

先週の土日もそれにつきっきりでしたし、
この連休もほとんどそれに費やしています。

どうしたらいいんだろうという迷いもあり
試行錯誤しているような状態で

休みも仕事をしているような感じがありました。

でも、「時間をかける」とか「継続させる」という
キーワードを聞いて

それらは必要な時間なんだと思いました。

B6は、真っ赤なボトルでした。

そのためのエネルギーもある、と受け取りました。

未来のボトルであるB107は、死と再生、無限の可能性と
それを共有するという意味が含まれています。

今、キューブラ・ロスさんの本を読んでいます。

この人は

「根本においては、人と自分、遠いことと近いこと
あちらとこちらの差はない。

私たちがひとの苦難や死を自分のものとして
学ぶことさえできたら

その苦難や死は当事者だけでなく
私たちにとっても

またとないチャンスとなる」と語っています。

この人のいっている
「象徴言語」が使えるようになり

「家族や患者が自分のやり残した仕事は
何なのかを探し当てる手助け」

が、できるようになりたい。

それを目指して頑張ります。




スピリチュアル | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

こんにちは。
先日はオーラソーマのセッションを受けてくださりありがとうございました。

セッションの相手は自分の写し鏡であるかもしれないと言われてます。
わたしも、ともよさんと一緒に継続、がんばりますね。
倉田です。 | 2012/06/03 6:33 PM
1日中お疲れ様でした。
おかげで元気が出ました。
ありがとうございました。
TOMO | 2012/06/04 10:23 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tomotomo-z.jugem.jp/trackback/273
この記事に対するトラックバック