夜明けの空

―カウンセリングスクール日記―
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< 人に助けを求めること | main | 鞆の浦 >>

ありがとうを最初に

 『いつもありがとう』

そして先日。整体師のお兄さんに

「オキさんご夫婦は、いつも爐△蠅とう”をおっしゃるので感じがいい!」と
言われました。

想定外の場所でもらったお褒めの言葉に、
気恥かしさを覚えながら、

そういえば、家でも夫婦で「ありがとう」を大連発しているのに気づきました。

  ―「50からは毎日が牋豐一会”」 沖幸子  KADOKAWA

ふと読んだ本に気持ちが触発されました。

そういえばもう1つ

『第1声は、ありがとう』

フライトしている時に、副操縦士が

「これはこうではないですか」
「こうしたほうがよくないですか」と

アドバイスや意見具申をしてくれる時があります。

かなりの部分が、機長は理由があってやっていて
副操縦士にはその理由は見えていないことなのですが

どんな時でも

たとえ副操縦士が間違えている時でさえ

第1声は「ありがとう」であるべきだと思っています。

 ―「パイロットが空から学んだ1番大切なこと」酒井優基

    インデックス・コム二ケーションズ―


先日、この反対のことをやってしまいました。

「ほかのリーダーならしてくれるのに」

と小さく言った相手の言葉尻にひっかかって
怒りを覚え

大きな声を出していたのです。

わざわざそれを枕言葉にするとは!
私を怒らせたいわけ!!

その瞬間、喧嘩を売られたと思ったのです。

爆発しました。

冷静になって考えると

その相手は言い方が下手なだけだったかもしれない
そういう言い方が普通で

何でそういう反応を(私の怒り)されたのか
分かっていないかもしれないなぁ

また、その相手が例えば上司であったなら
私は怒っていただろうか。

上司だと思って我慢したのではないか

自分より下だと思っていなかっただろうか

そのあと、とても落ち込みました。

夢の中で

子供の首をしめて殺したり
友達の死産した子供をバッグに入れて運んだり

友達の夫が勝手に運転した私の大事な新車が
壁にぶつかり凹んだりしました。

夢の中の人々は私の分身

自分の中の怒ってしまった私の部分を
悪いことをするからと殺してみたり

死んだ分身を埋葬しようとしてみたり
相手が悪いのに私の大事な心が凹む体験だったらしい

普段抑えている自分の部分
もっと抑えようとしていることに対して

私の心は傷ついているんだなぁって思いました。

怒ったのは私なのに。

反面、

この怒りを持った子供は
私の原動力でもあります。

負けるものか
理屈で自分を押さえつけようとする存在に対する怒り

自分の思いどうり自由でありたい気持ち。

この気持ちが私を強くし
原動力になってきました。

これをあまり押さえつけるといけない
不意に暴走した感じ。

職場で怒っていいことは一つもありません。
そんな人だと思われるだけです。

信頼を回復するのにもっと多くの時間がかかります。

まだまだ精神修養できていないと
反省した出来事でした。

私の方に何か宿題が残っている
まだ何かに対して怒りが残っている気がします。

たちまち、職場では割り切って
まず「ありがとう」

そしてその相手にはあまり近づかないようにします。

その前に気分転換かなぁ

最近ミニマムな暮らしに憧れて
割とストイックでしたから

食事も買い物も・・・





- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tomotomo-z.jugem.jp/trackback/413
この記事に対するトラックバック