夜明けの空

―カウンセリングスクール日記―
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< プロフェッショナル | main | つらい一年過ごした君へ >>

道を行う

 人の為す仕事というのは
どうしたって上手下手があります。

仕事に要する技術といったものは
生まれついての才覚の問題である。

出来る者もいれば出来ない者もいる。
当然である。

下手なこと出来ぬことを無念と思う場合も
ありましょう。

だがそれをして自分を責めたり卑下したりするのは
誤りです
      (中略)

自分で自分を責める者が多い
それは「人が生きるのにもっとも大切なのは
道を行うことだ」という真実を理解しておらぬからである
       (中略)

ひたすら道を行いなさい。
それを貫けば本当の生きる手応えというものが生まれる
誇りが生まれる
「よしッこれでいいんだ!」といった充実感が生まれます。

      ―「話し言葉で読める「西郷南洲翁遺訓」長尾剛―

上野の銅像で有名な西郷隆盛の遺訓です。
この遺訓は、元は敵方だった庄内藩の人たちが
西郷さんに話を聞きに行き、それをまとめた本です。

幕末の大変な戦いの中
敵方であった庄内藩の人たちに
情けをかけた西郷さんと

憎い敵であったはずの西郷さんに
教えを請うた庄内藩の人たちに

思いをはせながら
この言葉をかみしめます。


器用にスマートに仕事をこなしたいという
完璧な理想の自分と現実のギャップに
自分を卑下する時があります。

でも、この「道を行う」を基準にすれば
結構 イケてると思います。


生き方のはなし | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tomotomo-z.jugem.jp/trackback/55
この記事に対するトラックバック