夜明けの空

―カウンセリングスクール日記―
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< リコネクション体験 | main | ヒプノセラピー後 >>

ヒプノセラピー体験

2010.5.26
 Plain Factの松田みゆきさんに
ヒプノセラピーを受けました。

誘導で催眠に入り、ハイヤーセルフさんに連れられて
3歳の子供のころに行きました。

庭の白い花の木のそばに立っています。
「いい子にしているから喧嘩しないで」と思っているというと

両親の喧嘩はあなたのせいではないでしょう。

3歳の子がもうこの質を持っているので
もっと昔に行きましょうと再度誘導されました。

見えてきたのは
牢屋に入っているひげもじゃの40代の男性でした。

座って後ろ手に縛られて
膝の上に石を置かれています。

なぜそこに入っているのかと聞くと
「キリスト教を信じていたから」と言います。

そして、「出してもらった」ようです。

大工だったようなイメージ
川の上に橋がかかっているイメージ

キリスト教を信じたきっかけは
「牧師さんに会った」
「偶然」

「もう感じない。考えない」と思っています。
「自分は怠け者なんだ」というイメージが出てきます。

結局そのままのたれ死にしたようです。

その人生で学ぶべきポジティブな面は

意地をはる必要はなく、素直に生きればいいこと。
人生は何度でもやり直せる。

ということでした。

床にすわり、下を向いてあぐらをかいているその人を説得し
空に帰ってもらいました。

空いた空間を金色の光で満たしました。

過去生というと中世のお姫様の
イメージを持っていたので

自分の想像を超える内容でした。

私は、それまで休日に休んでいる時も
「自分は怠け者なんだ」という感じを持っていました。

くたびれて休んでいるのに

「自分はだめだ。
怠け者だ」

という気持ちが消えなかったのです。

ヒプノセラピーを受けてから
怠け者だという気持ちは一切なくなりました。

休みの日に、休むのは当然です。



スピリチュアル | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tomotomo-z.jugem.jp/trackback/77
この記事に対するトラックバック