夜明けの空

―カウンセリングスクール日記―
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

相馬敏彦先生の講義

パソコンでブログ書いたら

行が詰まってしまったのでiPadに代えて続きです


自己制御の話


チョコレートの香りが充満した実験室で


目の前のチョコを食べずラデッシュを食べたグループと


チョコを食べたグループ


実験中に難しい問題を解いてもらった


この問題は難し過ぎて解けないので


やめて部屋から出た時間を測った。


チョコを食べなかったグループが早く出て来た


自己制御するのは


筋肉を使って運動するようなもの


エネルギーを消費しすぎると運動しづらくなる


自分をコントロールするのも一緒


どこかで余裕を使うと枯渇する


虐待、DV、自己制御が関わってくる


昼間、仕事で我慢、自己制御使っていると


子供がうるさいと手が出るようなことが起こる


衝動的に育児をしない


そう思っていても


余裕のない人は難しい


解決策としては


行動的には


そういう時には子供に会わない


その方が理にかなっている


家族は難しいかもしれないが子供を預けるなどの方法。


それから


脳の記憶できる容量は決まっているので


気になることは書き出した方が良い。


気にし続ける状態はエネルギーを消耗する


とりあえず言語化する


頭の中を空っぽにする


覚えとかないと忘れちゃうかも


を減らす。


学習性無力感


動物実験


犬に電流を流しタッチパネルに顔を付けると止まる仕掛け


別の日にタッチパネルに付けても止まらない仕掛け


同じ装置で別の犬の反応で止まる


ある時から自分の力で止められない


後日、元の装置に戻しても反応しない


ご飯も食べようとしない


あきらめを学習してしまう


誘拐された人も一緒


自分で逃げ出そうとする


痛めつけられると


逃げようとするのをやめる。


人を指導する時は変わると思わないと変わらない


変わると思っていても変わるとは限らないが。



こんな話を聞きました


心理学の話は面白いですねぇ


勉強しないといけないと、って


モチベーションが上がりました。


帰って子供に話すと「根拠のある話は面白いんよ」と言われました


今、大学行ってます。


根拠のある話、いっぱい聞けてるのね





- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ファースト研修 組織管理論

今日は、広島大学大学院の相馬敏彦先生の講義でした 


もとは産業組織心理学専攻だそうで 興味深い話が聞けました。


 ある訪問看護で利用者さんからの暴力があった。 


DVと一緒 


切れやすい人がエスカレートする 


訪問看護ステーションの方からの相談があった 


利用者にひどいことを言われた時 どうしたらいいか


 先生の答えは 


怒ったらいい 

文句言ったらいい 


相談者はびっくりしていいんですかと聞いたそうだ


 はっきり自分の気持ちをいう人には暴力がエスカレートしない 


「なんでそんな八つ当たりされないといけないの」という人には。


 言われても耐え忍ぶ人ほど 暴力がエスカレートするリスクが高い 



別の話(ニュースにもなった) 


訪問看護から帰った看護師が何か異常にハイテンションだった 


出されたお茶にHI(ハイ)になる薬が入っていた


 出されたものは飲まない等


マニュアル化されていないが そういう対策も必要 とのこと



アナ雪の話も出ました


アナ雪はしょうもない男に引っかかった妹を守る話


娘に何回も見せてるそうです


運命の恋は長続きしない


ベターハーフともいいますが


その人の違う所をみて


運命の人じゃなかった


ってなるより


お互いの違うところを擦り合わせいくことで


長続きするということらしいです



- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ラグビー日本代表 アイルランドに勝利

ラグビー日本代表アイルランドに勝利しましたね〜


4年前 エディ・ジョーンズ監督の特集のテレビを見て


前回大会から、ずっと応援してました。


今日は残念ながら準夜勤務だったので


結果を知ってから


再放送を観戦しました。


素晴らしい試合でしたね~


スクラムで負けず


ボールを繋ぐ


チームワークを感じました。


今日も準夜


頑張るぞ〜


- | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | -

ファースト研修5日目

昨日は ヘルスケアシステム論の講義とグループワーク


お隣は庄原の主任のMさん


永川選手の引退セレモニーの話をしたら


三次出身で教員免許も持っておられると


教えてくれました。


そのお隣は広島の手術室の師長さん


赤松選手のファンで引退セレモニーの27日のチケットを


並んで買われたそうです。


カープの話題でリラックス


グループワークは苦手ですが


緊張感少なくすみました。


今日、起きたら腰が痛い


講義やバス移動でずっと座っていたのが


体に響いたようです。


普段、仕事で歩いているのが


体にはいいんだなぁと思いました。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

研修レポート

研修レポートに上司の添削が入り


その数字を探すのに2時間以上


結局その数字はなく


こんなことしてたら何時間あっても足りない


昨日は3時までやりました。


今日はお墓まいりして


帰りにスーパーに寄ったら


烏龍茶のラベルに


「限界は自分の思っているもっと上に、先にある」

    

緒方孝市監督の言葉がありました。


元気が出ました。


頑張ります。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ファースト研修4日目

今日は論文の書き方の講義でした。


さすが赤十字看護大の先生で話が面白い講義でした。


研修前に提出した自分の論文


自分の役割についての課題


席の3人で取り替えてお互いに感想を言い合いました。


私はいつもの席で、お隣はある大企業の病院の看護師さん


子供2人のお母さんで論文発表などされており


とってもパワーのある方でした。


14時から翌日12時までの当直勤務が月4日


代休もないとか超人的な勤務をこなしておられる話を聞きました。


子供のゲームの話


殺人ゲームが流行っていて知らない人とケンカして


相手のアイテムを盗んで警察に逮捕された子がいるとか


普通の盗みよりハッカーということで


罪が重いとか 


子供が父親のカードの暗証番号を入れて


ゲームの課金月8万だったとか


普段聞けない話もいろいろ聞けて


話が盛り上がって楽しかったです。


あっという間の1日でした。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ファースト研修 3日目

今日はヘルスケアシステム論と

資源管理


広島県の政策とか


保険診療、入院基本料とか施設基準とか


今日はずっと座っているのが


しんどかった。


お隣は、安芸高田市の主任さん


1時間半かけて車で来られています。


ミントガムを分けてもらって


何とか乗り切れました。


この年になって無理せず、断ればよかったかしらと


弱音が出ます。


最後に入院基本料に関する看護記録の講義を


してくれたのは


以前、師長さんだった人


10年?くらい前の話です。


「元気そうじゃない?」って声をかけてくれました。


厚生局の保健指導監査科の適時調査を行う


偉い人に成られてました。


まだ若い私が弱音吐いちゃいけませんね。


- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ファースト研修2日目

今日はヘルスケアシステム論


宮原 勅治先生の講義でした。


社会保障制度や医療費などの固い講義内容ですが


全員参加の質問や先生の本音の話もあって


楽しく聞けました。


今日のお隣はH病院のTさん救命にお勤めで


医療処置を希望されないターミナルの方の入院もあるとか


救命でも退院カンファレンスがあるとか


話を聞きました。


レポート書くのに、私の方がまだ


書きやすいのかなぁと思いました。


包括ケアシステムにおける自部署の役割と課題


包括ケア病棟のある自部署の方が


まだ書くことがありそうです。


帰り


脱水なのか


車酔いなのか


気分が悪くなり


やっとの思いで帰りました。


何事も健康が一番ですね。


お茶1000mlくらい飲んだけど


まだ足りなかったようです。


そしてバスに乗る前


食べないことにします。


今日はパン半分食べたため


なお苦しかった。


吐くかと


思うました。


まだ2日目


頑張ります。






- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

看護管理ファースト研修

早いものでNST専門療法士の更新時期になり


無事、更新出来ました。


5年の間,のほほん、と暮らして来ましたが


この度、看護管理ファースト研修を受けるように言われ


この年になり、しんどいですが、


頑張ることにしました。


9月6日に開講式がありました。


研修の説明と受講生の自己紹介がありました。


隣の席の方は、呉市の病院の病棟師長さんでした。


私の故郷である呉市は坂が多く


車が通れないくらい細い路地が多く


子供には楽しいところでしたが


訪問看護の報告に「脱輪」があるとか


福祉車両が入れないとか


色々ご苦労があるんだなぁと思いました。


反対どなりの師長さんは、透析の病棟師長さんで


豪雨災害時には断水で大変だったそうです。


東日本大震災にも派遣され


自分の命は自分で守るということを強く思われたそうです。


これから研修受けるには大変ですが


色々な方の話を聞ける良いチャンスがあると思って


頑張ります。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

節約

『ご存じかもしれませんけど、


自己破産する人って決して 


すさまじいお金の使い方なんかしてないですよ。 


日々数万円くらいの不足が積み重なって 


ついサラ金から借りて、気がつくと借金が一千万を超えてしまった…・ 


というような  


「何に使ったのかわからないけれど 借金だけがある」


という不条理なことなんです。  


だから、そういう目に遭いたくなければ  


いつでも収入のちょっと下のレベルまで生活水準を下げるしかない  


生活水準を自分の収入に合わせていれば、金で困るということはまず起こりません。 


みんな自分の経済的実力のちょっと上を演じてしまうんです。  


そこが落とし穴なんです。  


というのは、僕たちの欲望をもっとも刺激するのは、ごく身近な人だからです。』  


  ―「困難な結婚」  内田 樹 著 アルテスパブリッシング― 


 先週のラジオ番組、武田鉄矢の「今朝の3枚おろし」でもこの本が紹介されていました。


  読みやすくて生活する上での考え方が書かれてある本だと思いました。  


『 見栄っ張りな人は、  

  お金が貯まらない。    


    支出は収入より少なく。 


 あるファイナンシャルプランナーの女性が言っていました。 


「お金の問題は心の問題。  

  不安になると、たくさん使いすぎるか 


 ケチりすぎて使わないか、どちらか。 


 健全な使い方ができなくなる。」  


自分の選択や、自分自身に自信のない人ほど  


見栄を張ったり周りに合わせたりして、  


お金を使いすぎる傾向があります。  


見た目にお金をかけたり  


高額の自己啓発セミナーに通ったりして  


お金を使うことで安心しようとします。  


だからお金が貯まらないのです。  


 ― 「がんばる」を手放すための本  有川真由美 著      

                                                             河出書房新社  


ミニマルな暮らしを目指し物を処分する中で 


自分はなんと無駄遣いしていたのかと反省しています。 


今までの衝動買いを合わせたらいくらになるのかしら 


 この本達の言葉を、踏み留まるための重石にしたいと思います。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -