夜明けの空

―カウンセリングスクール日記―
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -

大山旅行

 2連休を利用して大山に行ってきました。

雪のつもった大山は初めて。
ふもとに住んでいる人はいつもこの景色を見れてうらやましいっ



昼は海鮮丼



翌日、牡丹園も見てきました。





假屋崎省吾展も、してました。





美保の関神社にいきました。




岬も心が晴れます。


早春の山陰いいですね。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

アドバンストコース

カウンセリング・スクールのアドバンストコース
申し込み多数のため締め切られたと返事が来ました。

どうするかちょっと悩んでいて
申し込みするのが遅かったので

無理かなとは思っていたのですが
勤務希望を出して

日程を空けていたので

ちょっぴりショックなのと
もう本当に行かないのだという開放感があります。

このブログのタイトルも変えないとな〜


     今年も咲いた我が家の蘭

先日、お米を買わせてもらいにいったのですが
そこの働き者のおじさんとおばさんに会った時

着飾った自分が恥ずかしい気持ちになりました。
広島の百貨店で買ったロングネックレス

それはとても素敵だけれど
日々働いている人の輝きにはかなわない。

度々広島の大きな町に出て
背伸びして買ったちょっぴり高価な品物たち

でもそれをしていて
恥ずかしいと感じた気持ちは本物

自分はどうしたいのか

自分の本当の気持ちを
大事に生きていきたい。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

燃え尽き症候群?

 カウンセリングスクールを卒業して
これを目標に一般コースから含めると4年

貴重な平日休みを使い
趣味の時間もほとんど持たず

その合間にNSTの勉強もしてきました。

おかげで目標としていた卒業ができ
試験も受かったというのに

ここしばらく気持ちが落ち込み
なかなか立ち直れませんでした。

図書館で気持ちが楽になる本を借りて読んだり
旅行の本を借りて気分転換しようとしたり

でも本の中のちょっと頑張る系の言葉に落ち込んでいました。

気分転換に節分草を見に行ったり
ヤフーオークションにはまってみたり

家もあり仕事もあり飲める水が出て食べ物に不自由なく
安心してベッドで寝れる生活を感謝しなければ

と思ってもそう思えない自分がいました。

ある雑誌の記事に
燃え尽き症候群の記事が出ていました。

「燃え尽き症候群」とは、

高い目標を掲げて一途にがんばっている人が
突然無気力になってやる気を失っていまうものであり

完璧主義者でがんばり屋に多い

一途すぎる完璧主義者だからこそ

ちょっとしたつまずきや目標を達成したことで
突然気力を失ってしまいやすいことが指摘されている

それを読むと
これかなぁって思いました。

「燃え尽き症候群」だと思うと
なんか対処ができる気がして

その対処法は

「話せる相手を探す」
「自分が体験している苦痛は正常だと理解する」
「エクササイズと正しい食生活を始める」
「睡眠時間を十分とる」
「休暇をとる」
「仕事以外に興味を抱けるものをもつ」
「自分にとって何が大切なのか見極める」

と、ありました。

なかなか脱出できなかった中からやってよかったことは
トレーニングルームで30分の筋トレ&ストレッチやルームランナー

体が気持ちいい感じがしました。

瞑想のCDをかけて寝たり
ある本に書かれてあった

「明るい気持ちになることを選ぶ」ということをしてみました。

今は、元に戻ってきています。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

節分草

 気晴らしに節分草を見に行きました。


惣領町に行くと
ボランティアの方が
パンフレットを渡してくれました。

節分草は雑草の仲間という感じ



けれども手入れをされた北側の斜面でないと
咲かないそうで

代々手入れをされていた場所だからこそ残った花

その素朴な愛らしい花たちに
ミツバチがたくさん来ていました。



ミツバチは動くし近づくと逃げてしまうので
タイミングよく写真に撮るのは難しい。

色がわりも見に行きました。



川沿いの道を1キロ歩くと気分がよくなりました。


- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

悪について

 鑪先生の特別講義がありました。
テーマはフロムの「悪について」

衰退・破壊のモード
ナルチシズム
近親相姦的固着

成長のモード
バイオフィリア:生きるものに対する愛

人間家族
もし人間が世界市民として生きることができるなら
生活することができるなら人類は大きな家族となる

暴力の発生のモメント

フラストレーション、我慢している←これが問題
引き金(わずかのきっかけで爆発)→爆発したら許せない

閾値の問題
ちょっとしたことで怒る→閾値が低い

映画「ハンナ・アーレント」を観ました。
アイヒマン裁判を傍聴、その手記を発表
これが映画のものがたり

アイヒマンは凡庸な事務官僚に過ぎなかった
機械的に忠実に命令に従い、自分の意志や判断は全くない

この凡庸さが悪を実行する
計画し理論化する本物の悪は別にいる。

これを見て思ったのは
付和雷同するのでなく自分で考えることの大切さ
でした。



その後で修了式とパーティ

手作りのコサージュ
美味しい食事

ビンゴの景品
楽しい会話

とっても楽しい時間を過ごしました。

最後まで居たかったけれど

翌日はJISPENの学会出席のため宿をとっていたので
いっそのことと
広島から新幹線のぞみで神戸に行きました。

皆さんいままで本当にありがとう。
カウンセリングスクール専門コース | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

質問には質問で

 今日は13時30分からのワークショップ

最初は、いつもどおりの検討

カウンセラーへの質問には 質問でかえす。
「どうでしょう。どうですか○○は?」

本では読んだが、実際には自然にこれを返すのは
難しいと感じました。

少し依存的な傾向にある人に対しては
なるべく引き受けないことが大切

目の前で起きていることから話題に入っていく
気になることから入っていく

二人の間で、今起こっていることから話題にしていくのが常套手段。

対人関係でどこがうまくいかないか
うきぼりにされていくといい。

それから転移について事例で検討しました。

転移・・

事例を読んでどこが転移か

まとはずれなことを書いてました

あとクライエントのみた夢の解釈

主人公:自分は意識できる自分の部分
自分以外の登場人物:無意識の自分の部分

意識できる自分と無意識の自分のギャップの大きさ

車の運転=自我
人の車に乗っている→自我が弱いのではないか

夢の解釈は状況がよく表されていて
おもしろかったです。

先生の書かれたレポートを見て
解釈の細やかさを感じました。

こういう話を聞くのはとても興味があります。

だけど続けていくのはちょっと無理かなぁって思います。
日程の関係もあるし

何もない休みのほとんどを費やしてきたので
少し休みたいかなぁ

広島に行くのが苦にならなくなったので
教育研修を受けてNSTの勉強もできました。

仕事の面でも大いに役立ちました。

カウンセリングスクールに行ったことは
自分にとってとても良いことばかりでした。

ちょっとしたマイナスは
広島バスセンターでの待ち時間に浪費してしまったこと
百貨店の品物は魅力的でつい買ってしまった・・


カウンセリングスクール専門コース | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

母性的、父性的な対応

 長かった広島カウンセリングスクールも
今日をふくめあと3日

今日は、しゃべる早さがはやいクライエントへの対応

「ごめんなさい。もう少しゆっくり話してもらえますか
 よろしかったらお願いします」とか

「ごめんなさい、ちょっと話、待ってください。
私が理解しようとして話が追いつけないので」とか

と一旦止める。

敬語で対応。
一人の人格を持った人として対応する。
そのことによって対応が変わる。

こういう方の話を聞きながら
焦点化するはなかなか難しい、とのこと。

カウンセリングとは何か
そのクライエントの主体性を維持し情緒的に安定するための援助



                        年始は雪の宮島

主体性のない人が増えてきている。

主役がはれない
「これが私の世界よ」というものを持っていない

「私の世界は私の世界よ」と言えるような生活をしていない
自分の世界をしっかり表現できていない

映画でいえばカウンセラーは助監督

クライエントを主役にできる
自分の世界を描いて下さい

たとえ家庭でものが言えなくても
「カウンセリングの中であなたが主役よ。」

相手の思いをしっかり受け止める→母性的な対応

ボーダーラインの人たちには
父性的な対応→「これ以上はダメよ」

枠を決めるという態度が必要
時間を守る等

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

USJのクリスマス

 クリスマスにUSJに行きました。

ハリーポッター大好きの子供たちは大喜び
私も魔法のホウキにのって飛んだ気分になりました。

冬で寒かったこともあり
雰囲気満点



外国気分になりました。

バタービールは甘いビール


前回乗れなかったアトラククションも乗れました

夏休みより冬のほうが人が少ないと思いました。



あくる日
枕元に置かれたクリスマスプレゼントを見た
子供の言葉

「サンタさんはストーカーじゃね」

最高の褒め言葉でした。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

逆転移感情

 今日はカウンセラー自身がどう思ったか。

クライエントに聞きたいのに聞けないことは
こちらがある程度、想像しておく

想像と現実が一致するかどうかを考える

よくしゃべる人→話を選択している
子供の話が出ない→あえて避けている?

聞きたいけど聞けなかった

この情報でどう理解するか?

いい子だからあまり気にならない?
結婚してすぐ子供ができているので触れたくない?

納得のいく子育てができなかったという後悔

子供のことに触れないというクライエントの考え方を
どう想像するか

子供の問題はオフリミット、立ち入り禁止
自我が成長しているからそれができる

そのことがはっきりしている

この人はコントローラー
ほとんど何も言わせないというコントロールする人
周りを支配することに長けている

カウンセラーの気持ち
カウンセリングになってないなぁという気持ち

相手に有無を言わせない

このクライエントの生き方を十分表現された
この人自身は満足している

自分がカウンセラーだったらどんな気持ちになっていたか

→逆転移感情
すっと書けると大分成長したなぁということになる。


カウンセリングスクール専門コース | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

あてにするもの

ひさしぶりに読書しました。


「 ビブリア古書堂の事件手帖3」の中に

宮澤賢治の「昴」という詩の


『 金をもつてゐる人は金があてにならない

 からだの丈夫なひとはごろつとやられる 』


『 あたまのいいものはあたまが弱い

 あてにするものはみんなあてにはならない 』


という一節が引用されていました。

はじめて聞いた言葉で
何か不思議な感慨がありました。

お金やモノや、健康、頭のよさなど
あてにするもの

それは執着という気がしました。

すべてのものは移りゆくのだなぁと
思いました。

また、「世界で一番古くて大切なスピリチュアルの教え」という本の中に

「あなたの身体の「内なる生命を感じてください。

そうすれば、いまに錨(いかり)をおろすことができます」

という一節がありました。

眠る前に、その本をひらき

子供のときの自分の気持ちと
それから今の自分の感覚と

変わっていない自分の中身を考えます。

子供の時にも

「生きているからこんなことを考えるんだなぁ
だからいつか死ぬんだなぁ」って思っていました。

「生きていなかったら、こんなことは考えられない」

今、何十年も、たっても
これを考えている自分は変わっていない気がします。

すると、穏やかな気持ちになって眠れます。


そのように過ごしながら

〇〇や〇〇などモノが欲しいとか

こうなって欲しいとか
これじゃなきゃ嫌だという思い

我の強い気持ちも捨てきれずにいます。


今日、NSTの合格発表がありました。

絶対受かりたいと思い
神だのみしたり、満月にお願いしたり

半分ダメだと思っていましたが
受かっていました。

うれしいです。









- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -